粗大ゴミの処分方法

家庭で不要となったゴミ等は、基本的に各自治体(市区町村)に収集してもらうか、自分で粗大ごみ処理施設等へ持込むこととなり、各自治体によっても異なりますが、処分してもらうには多くの場合、有料となります。しかし不用品でも売れることがありますので、まずはリサイクルショップなどへ査定を依頼することオススメします。

粗大ゴミの処分方法一覧

家電リサイクル法
家電リサイクル法とは、資源の有効活用とクリーンな環境、また廃棄物を減らすために、平成13年(2001年)4月1日より施工された「特定家庭用機器再商品化法」の略称のことで、家庭用の「テレビ・洗濯機・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン」の4種類の家電製品を処分する場合にリサイクル料金が必要になります。
不要品は賢くお得に処分する
不要品が出た場合、粗大ごみとしてお金を払って処分するのではなく、リサイクルショップ等でお金をもらって処分するのが賢い方法です。おいくらなら「日本最大級、全国2,000店」のショップの中から条件に合った複数のリサイクルショップへ一度に買い取りを依頼することができますよ。
本・CD・DVD・ゲームを自宅から売る
不要となった本は「古本屋」で売ることが常識となっていますが、大量の本を古本屋へ自分で持込むことはとても大変ですし、住んでいる地域によっては古本屋が近くになく、本を売ることが難しい場合もあると思います。そこでオススメなのが「イーブックオフの買取サービス」です。
ピアノの買取り無料査定
ピアノ買取りサービスでなら、一度に複数のピアノ買取り業者に査定依頼し、その中でもっとも高値で買い取ってもらえる業者に買取をお願いできますので、お得にピアノを処分することができるのです。
引越し一括見積もりサイトで最適な引越し業者を探す
引越し一括見積もりサイトでは、一度に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができ、「値段・サービス」などを簡単に比較できますので、引越しが決まったら早めに見積を依頼して自分に最適な引越し会社を見つけましょう!