粗大ゴミ、不要品ニュース

沖縄〜大阪〜東京〜北海道まで日本全国の粗大ごみや不用品に関連するニュースを集めていますので、何か探している情報等がある場合に参考にしてください。

粗大ゴミ、不要品ニュース一覧

米子市の家庭ごみ排出量、有料化で14.5%減
鳥取県米子市環境政策課によると、2007年4月から家庭ゴミの収集、運搬、処理業務を有料化した結果、有料化導入前の2006年4〜11月までの8ヶ月間は、ごみ全体の80%を占める可燃ごみ排出量が約4万7千トンでしたが、有料化後の2007年4〜11月までの8ヶ月間のゴミ排出量は約4万トンと、2006年同期のごみ排出量に比べ約14.5%減少していることが分かりました。
愛知県豊川市で粗大ゴミの中から記念硬貨16枚
2007年の年末12月9日、愛知県豊川市の豊川宝飯衛生組合粗大ごみ受付センターに持ち込まれた粗大ゴミの中から、天皇在位60年記念硬貨など、額面総額12万5,600円分の記念硬貨16枚が見つかり、豊川宝飯衛生組合は12月10日、拾得物として豊川署に届け出ました。
鎌倉で粗大ゴミの有料化控え持ち込みが急増
2007年9月現在、神奈川県鎌倉市では市民が粗大ゴミを持ち込む場合は無料となっていますが、10月1日から有料になるため、神奈川県鎌倉市に2ヶ所あるごみ収集焼却施設に、粗大ごみを持ち込む市民が急増し、通常の10倍もの市民が殺到する日もあるそうです。
自治体オンライン手続きと粗大ゴミ収集の申込みについてのアンケート結果
インターネット、パソコンの普及によって各自治体のHPからさまざまなオンライン手続が行えるようになりましたが、今後利用したいオンライン手続で「粗大ごみ収集の申し込み」が1番となっていることが分かりました。
新潟市の家庭ゴミ収集統一
新潟市は2007年5月9日、ゴミ袋の有料化など全市統一の新たな家庭ごみ収集制度を2008年6月から実施すると発表し、有料化を盛り込んだ改正条例案を6月議会に提案、自治会での説明会を8月から行うこととなりました。
秋田県内の不法投棄場所740ヵ所
秋田県と各市町村の調査によると、「テレビ・洗濯機・タイヤ」などの家電・粗大ゴミや、産業廃棄物の不法投棄が河川敷や山林の林道沿いなど約740ヵ所確認され、2007年9月に開幕する「秋田わか杉国体本大会」までに、ボランティア、市町村などと協力し、秋田県挙げての初の一掃作戦に乗り出すことが分かりました。