家電リサイクル法

家電リサイクル法
家電リサイクル法とは、資源の有効活用とクリーンな環境、また廃棄物を減らすために、平成13年(2001年)4月1日より施工された「特定家庭用機器再商品化法」の略称のことで、家庭用の「テレビ・洗濯機・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン」の4種類の家電製品を処分する場合にリサイクル料金が必要になります。


家電リサイクル法で対象となる家電製品は家庭用のみで、「業務用(店舗用)」の家電製品は対象外です。


 家電リサイクル法の対象となる家電とは?



■テレビ


家電リサイクル法の対象となるテレビは、「ブラウン管式のテレビ」となっており、以下のテレビ(モニター)は対象外となっています。


対象外のテレビ等


・プロジェクションテレビ
・液晶テレビ
・プラズマテレビ
・AVモニター(チューナーなし)
・パソコンモニター(チューナー付きを含む)


■洗濯機


家電リサイクル法の対象となる洗濯機は、「ニ槽式洗濯機・全自動洗濯機・洗濯乾燥機」となっており、「衣類乾燥機」は対象外となっています。


■冷蔵庫(冷凍庫)


家電リサイクル法の対象となる冷蔵庫(冷凍庫)は、家庭用の「冷蔵庫・冷凍冷蔵庫・ワインセラー」となっており、業務用(店舗用)の冷蔵庫(冷凍庫)等は対象外となっています。


■エアコン(クーラー)


家電リサイクル法の対象となるエアコン(クーラー)は、「石油・ガス・電気併用の壁掛形、床置形のエアコン(クーラー)と室外機」で、天井埋込形、パッケージエアコン、業務用のエアコン(クーラー)は対象外となっています。


 リサイクルする流れ



:対象となる家電製品が不要となった。


2:不要となった家電製品と同種(テレビならテレビ)の家電製品を買換える場合は、不要となった家電製品を購入した小売店(家電量販店)、メーカー、または新しく同種の家電製品を購入する小売店(家電量販店)、メーカー等にリサイクル料金を支払って引き取ってもらいます。


:買換えるわけではなく単に不要となった場合などは各自治体(市区町村)にリサイクル料金を支払って引き取ってもらうことも可能です。


 リサイクル料金



家電リサイクル法の対象となる家電製品を引き取ってもらうときには、


リサイクル料金(メーカーに支払う)+収集・運搬料金(小売店などの運搬業者に支払う)


が必要になります。


またリサイクル料金、収集・運搬料金は、メーカー、小売店等によって異なりますが以下の金額が平均となっています。


■テレビ


・リサイクル料金:「2,500-3,000円」


・収集、運搬料金:「2,000円」


■洗濯機


・リサイクル料金:「2,500円前後」


・収集、運搬料金:「2,000円」


■冷蔵庫(冷凍庫)


・リサイクル料金:「4,000-5,000円」


・収集、運搬料金:「2,000円」


■エアコン(クーラー)


・リサイクル料金:「3,500-4,000円」


・収集、運搬料金:「2,000円」





引越一括見積りで1番安い業者を探そう!

LIFULL引越見積で130社以上の引越業者へ無料一括見積!最も引越し料金が安い業者がすぐに分かります♪