秋田県内の不法投棄場所740ヵ所


秋田県と各市町村の調査によると、「テレビ・洗濯機・タイヤ」などの家電・粗大ゴミや、産業廃棄物の不法投棄が河川敷や山林の林道沿いなど約740ヵ所確認され、2007年9月に開幕する「秋田わか杉国体本大会」までに、ボランティア、市町村などと協力し、秋田県挙げての初の一掃作戦に乗り出すことが分かりました。


740ヵ所のうち、地域のごみ捨て場と化した場所もあり、ゴミがゴミを呼び込んでいる状態になっている場所もあるようです。


不法投棄を放置していれば、さらにゴミを捨てられる可能性が高いので、各地域ごとに協議会を開催し、撤去方法や参加人数などをまとめ、5〜8月にかけて、順次撤去を進めて行く予定とのことです。


■不法投棄されたゴミの種類


・草刈り機
・脱穀機
・コンバイン
・自転車
・車のバッテリー
・自動車、バイク
・洗濯機
・タイヤ
・スノーダンプ


など・・・




平成19年5月5日・秋田のニュースより一部引用


秋田県に限らず、粗大ごみの不法投棄は大きな問題ですね。


ゴミを捨てるのにお金がかかる時代ですので、不法投棄をする人の気持ちも分かりますが、自分たちの街を汚すのは残念です。





引越一括見積りで1番安い業者を探そう!

LIFULL引越見積で130社以上の引越業者へ無料一括見積!最も引越し料金が安い業者がすぐに分かります♪